ライティング

【初心者集合!】Webライターが最初にやるべきこと3つ

 

「WEBライター初心者って最初は何からやるべき…?」
と悩んでいる方は必見!

 

 

不安にならなくても大丈夫です。

 

 

WEBライターを目指したいけど、
右も左もわからないって誰もが通る道だと思います。

現在WEBライターとして
生計を立てている僕もそうでした。

僕が実際に始めたての頃の様子や
収入についてはこちらの記事でガッツリ解説しています。

 

 

参考記事:WEBライターの収入を一挙公開!【副業でも稼げます】

 

 

この記事では
最終的に独立を果たすために、
WEBライター初心者が最初何をすればいいのか
丁寧に教えていきたいと思います。

 

 

具体的な重要ポイントは3つ!

 

  1. WEBライターを始める時の心構えを理解する
  2. クラウドソーシングに登録して「稼げるプロフ」を書く
  3. 何も考えずに1回提案して受注してみる(流れを掴むまでは迷ったら負け)

 

を順番に解説していきます。

この記事は5分くらいで読めますし、

 

 

WEBライターとして最初にすべきこと
について十分な知識が得られる可能性が高いので
最後まで読んでみてください。

 

 

WEBライターを始める時の心構えを理解する

WEBライターを
始めるに当たって大事なことは
稼ぐためのマインド(考え方)を理解することです。

闇雲に行動しても150%途中で挫折します。

 

 

適切な考え方の元、
適切に行動することで未来が拓かれるのです。

 

 

そこで僕がWEBライター初心者が
最低限理解しておくべきマインドをお伝えしたいと思います。

 

 

また心構えではなく、
そもそもWEBライターに向いているのか、
才能や適正はあるのかを
丁寧に解説した記事も用意しています。

関連記事:【副業】WEBライターになるために必要な3つのステップ

 

 

最初の頃は中々仕事は取れないのが当たり前

 

クラウドソーシングを
始めた当初は誰もが実績はなく、
提案する能力もないのが当たり前です。

 

 

なのでなかなか仕事が
とれなくてしんどい思いをすることになります。

 

 

でも、そんな当たり前で
いちいち落ち込んでいたら
メンタルがいくら強くてもやっていけません。

 

 

気にしなくて良いポイントで
労力を消費するなんて愚の骨頂です。

 

 

最初から
仕事取れないのは当たり前!前向きに行こう!
と考えることができれば、
稼げるようになるまで
モチベーションは保ちやすくなりますよね。

 

 

何も準備せずに
WEBライター一本でやっていこうとすると、
仕事が全然受注できず、
初月は3000円しか稼げなかった…
などの悪夢を見ることになります。

 

くれぐれも、
過剰な自信は持ちすぎないように、
慎重かつ冷静に行動して下さい。

 

「なんとなく出来るかも!」
の気持ちは大切ですが、
その気持を活かすも殺すもあなたの選択次第です。

 

 

本業を辞めるならしっかりと準備してからです。

 

 

最低でも
最初の時期に案件が取れなくてもビビらない程度の貯金がある
の準備は必須です。(100万以上は欲しい)

 

 

人は貧すれば窮するといいますから、
お金の余裕は心の余裕です。

 

 

理想はWEBライターとして
月10万円以上稼いでから辞めることですよね。

 

 

1つ言っておきたいのが
会社員やりながら副業で稼げないやつは辞めた後も稼げません

 

よく勘違いした人は、
「仕事してる時間ライティングすれば余裕で稼げるじゃん!」
って思っています。

 

 

でも実は
人が何かを生み出せる力の限界
って決まっていて、
それは”仕事の疲れ”とは別のものです。

 

 

だから極論ですが
副業で3時間しか頑張れない人は、
仕事を辞めても3時間しか頑張れません。

 

 

いちおう暇な時間があるから、
ダラダラと2時間プラスで上乗せが関の山ですね。

 

 

仕事を辞めて浮いた8時間を
すべてライティングに投下できる人は
副業のときも空き時間すべてを
ライティングの時間に使える人だけです。

 

 

「仕事辞めてライティング一本で食っていくぞ!」
と副業で稼げない人が行動しても無駄です。

 

 

まずは仕事やりながら、
自分がどの範囲まで頑張れるのかを把握してから
今後のWEBライターとしての人生設計を立てましょう。

そこを履き違えて
大切な人生を壊さないでくださいね。

 

 

WEBライターでいくら稼げば生きていけるか把握しておく

 

最終的に独立したいのであれば、
最低限「これだけあれば死なない!
って金額を明確にしておくと
具体的な目標になりますし、飢える心配もなくなります。

【僕の場合、生きるためにこれくらい生活費が必要でした】

  • 食費→20,000円
  • 交際費→10,000円
  • 通信費→5,000円
  • 家賃・光熱費→45,000円
  • ガソリン代→10,000円
  • 雑費(本代や石鹸など)→10,000円月々 約92,000円
    保険・税金+4万円
    合計13万程度稼げば生きていける!

この様に毎月の生活費を、
金額ベースでザックリ算出してみましょう!

 

 

「とにかくこれだけお金があれば死なない」
という実感を得られることが大事!!

これが分からないと
「なんとなく不安…」
という気持ちが拭えないので、
転職も独立に踏み切れなくなります。

 

 

最低限の見直しとともに、
削れる固定費は出来る限り削ってしまいましょう。

 

 

収入を増やすよりも、
ずっと楽にお金を増やせるのが固定費の削減です。(増やすって表現は語弊がありますが実質は増えていると同義なので…)

 

 

WEBライターとしての未来を見据えるなら、
早めに固定費も削っておくことをオススメします。

 

 

一見関係ないように見えますが、
これもWEBライター初心者が最初にやるべきことなんですよ。

 

 

最初は納税額にビックリするかも

 

WEBライター初心者ということは
おそらく他の副業をしたこともなく
一般的なサラリーマンやフリーターであることが予想されます。

 

そうなると、
自分で税金を
収めたりした経験が無いはずなので、
あまりの金額にびっくりする可能性はあります。

 

 

手続きをちょっとミスると、
突然保険代で50万取られたりしますからね…(僕は初年度やらかしてます笑)

 

その辺りも、
適切に勉強していれば
エゲツないことにはならないので、
近くの本屋で「フリーランス用の税金周りの知識に関する本
を手に入れることをオススメします。

 

 

僕がおすすめする
特に注意しとくべき点としましては

・前払いできるもの滞納せずに都度払ってしまう
・国民年金は免除してもらえる(払いたい人は払う。稼げるようになってからでもOK!)
・家族の扶養に入れる人は家族にお願いする
・会社の保険を任意継続する
・自動車に乗らないなら手放してしまう

などが考えられます。

 

 

クラウドソーシングに登録して「稼げるプロフ」を書く

クラウドソーシングは
どこがオススメかなどは
こちらの記事で解説しているので参考にしてくださいね。

参考記事:【副業】WEBライターになるために必要な3つのステップ

 

 

クラウドソーシングを決めたら
「これからずっと使うプロフ作成」をします。

 

 

提案する度に必ずクライアント様がチェックする重要項目なので、しっかり考えましょう。

 

 

プロフ作成には
かなり時間を使ったほうがいいです。

 

 

僕の場合、
1時間かけてガッツリ作り込みました。

 

 

最初に本気でやっておけば、
その後ずっと力を貸してくれる頼もしいやつなので、
時間が経てば経つほど良いプロフと悪いプロフで
受ける恩恵の差が大きくなります。

 

 

【WEBライター初心者でも稼げるプロフを書くコツ】

①初心者とは絶対に書かない

②すべて断言口調で自信があるように見せる

③何度も推敲して読みやすい文章にする

④日本語でかつ、わかりやすい名前にする

⑤画像は動物の画像を使用する(自分の顔がベスト)

⑥何でもできるとは絶対に言わない

 

上記6つをきっちりと意識すれば、
良いプロフィールが出来上がると思います。

特に初心者は自信の無さから
あらかじめ保険をかけて自分を守る悪習慣
があることが多いです。

 

 

でもそれって
「私は初心者なので期待せずに見て下さい。失敗しても初心者なので許して下さい。」
ってことと同じですよね?

そんな人に頼みたいなんて、誰が思うのでしょうか?

 

 

初心者でも玄人でも、
頼んでくれた人に価値を提供できれば立派なプロです。

 

 

期間を気にしてウジウジしてたら
何時まで経っても稼げるようにはなりません。

 

 

それと
「何でもできるは何も出来ない人間」
という感覚を持って下さい。

 

 

自信がない人は「ランサーを探す」→「認定ライター」→タブから、
WEBライターとして人気の高そうな人を参考にしてしまおう!

そのままパクってみて、
後から自分色に改造するのもアリです!

 

 

初心者ほど何も考えずに1回提案して受注してみる

 

「何も考えずにプロジェクトの”800字文字単価1円”」
の案件に提案してみて下さい。(タスク案件は☓ですよ。意味ないので)

自信がない方は、
初回のみ「0.5円の誰でもOK案件(地雷)」に提案してみましょう!

 

 

あくまで流れを掴むためなので、
2回目以降は1円以上の案件を狙います。

 

 

初心者でもできるコツを
コチラの記事で解説していますので
良かったら参考にしてみてください。

参考記事:【副業】WEBライターで稼ぐ方法。【必殺技の紹介】

 

 

実はWEBライター初心者ほど、
何もわからない分、よく考えるんですよね。

 

 

でも逆です。

考えてはいけない。

流れを掴むまでは迷ったら負け。

 

 

一連の流れを経験するまでは、
迷ったってどうせわからないでしょ?

1時間考えれば答えがわかるんですか?

 

 

1年考えても、
やってみないと答えにはたどり着けませんし、
やらないための言い訳を考えて始めること無く終わってしまいます。

だから考えるのは
1回仕事をしてみた後。

つまずいたら、その時考えましょう。

 

 

【まとめ】WEBライター初心者は行動あるのみ

 

 

  1. WEBライターを始める時の心構えを理解する
  2. クラウドソーシングに登録して「稼げるプロフ」を書く
  3. 何も考えずに1回提案して受注してみる(流れを掴むまでは迷ったら負け)

 

について知れた貴方は、もうやるだけです。

当ブログにある知識をフル活用し、
稼ぐための最低限のテクニックを実際に使ってみましょう。

 

 

イメージとしては、
ブログ記事をカンニングペーパーの様に、
やりながら見ながらで構いません。

 

 

行動と共に勉強をこなしてください。

当ブログから、
本当に稼げるライターが生まれる事を期待しています!(笑)