ライティング

【副業】WEBライターで稼ぐ方法。【必殺技の紹介】

「WEBライターとして稼ぎたいんだけど、必殺技みたいに豪快な裏ワザとか無いのかなぁ…」

はい!あります!
WEBライターとして稼ぐためのとっておきです!!!

 

ただ、裏技ではなく、
あくまで正攻法で知るだけで
稼げるようになる方法があるのです!(裏技は最終的に損しやすいのでオススメはしません)

 

 

この記事ではそんな
知るだけで稼ぎまくれる方法
というノウハウに絞って
現役WEBライター
の視点から徹底解説します。

 

 

具体的な重要ポイントは
主に3ステップになっています。(さらにグレーゾーンの話も教えます)

 

 

【ステップ1】
単価の適切な足切りラインを設けて数打ち作戦を行う

【ステップ2】
クライアント教育をして都合の良い案件だけにする

【スッテプ3】
最終的に楽で高単価の案件のみを扱う

 

 

そして
番外編:本当は教えたくない裏技
労力を一気に減らす「超効率化グレーゾーンの裏技」
(…特殊、、というか、わりと禁じ手です笑 しかし月収100万以上稼いでいるライターでやってる人は多いので一応紹介します笑)

これらを順番に解説していきます。

 

 

この記事は5分くらいで読めますし、

WEBライターとして稼ぐための必殺技
について素晴らしい知識をGETできる可能性が極めて高いので、
是非最後まで読んでみてください。

 

 

これから紹介する必殺技は
3ステップで1つの必殺技
だと認識して下さい!

順番にやることで、
かなり稼げるようになります!!!

今回はクラウドソーシング限定での必殺技となります

 

 

【副業で稼ぐ必殺技1】単価の適切な足切りラインを設けて数打ち作戦を行う

【ステップ1の結論】
超効率的に提案しまくってクライアントを増やす(コレが土台)
この時点での想定月収0円~5万程度

 

まず、
WEBライターとしての稼ぎを得るために
必ずしなければいけない行動があります。

 

 

それは
仕事を受注するために提案文を送ること
です。

 

 

「提案しないと何も始まりません!(重要)」

 

 

当たり前ですが、
実績も実力もないWEBライターは
100年待っても良い案件が
向こうからやってくるなんてことはあり得ません。

 

 

クラウドソーシングには
たくさんのライターが存在し、
その中には熟練のライターさんも多数存在しています。

 

 

なので自分からアクションを
起こさない限り、
いつになっても稼ぐことはできないのです。

だから
稼ぎたいなら提案するのが非常に大事になってくるよ!
ってことです。

 

 

「でもそんなの普通じゃん。必殺技は?」

そう思ったことでしょう。

安心して下さい。

 

 

ただ提案するのではなく、
あしぎりラインを決めて効率的に
稼ぐための提案をする方法を伝授します。

これがステップ1で
マスターしてほしいことです。

 

 

これはクラウドソーシングの
大手会社「ランサーズ」を使っての手法になります。

 

【ランサーズでやってほしいこと】

 

  1. トップページの左上にある「仕事を探す」をクリック
  2. 右側にある「ライティング」をクリック
  3. 上の方にある「記事作成」をクリック
  4. 中間にある「文字単価から探す」をクリック
  5. 「1円~1.9円」にチェック(募集中の仕事のみは初期でチェック入ってるからはずさないように)
  6. 「絞り込み検索」をクリックし上に表示される「検索条件を保存」を押す

 

 

まずここまでやって下さい。

そして、
暇さえあれば保存した条件で
自分が書ける記事に提案しまくるんです。

 

 

これは、
聞いてみると意外とあっさりしてるけど、
知らない人は全然知らないし、とても効率的で捗ります。

 

 

この保存機能は
現在ランサーズにしか無い機能なので、
限定的な手法になります。

 

 

しかしランサーズは
案件数が非常に多いクラウドソーシングなので、
デメリットにはならず
他を使わずにランサーズ一本でも十分月100万は狙えます。

 

 

さらに提案文も登録してしまいます。

そうすることで、
起業の心に響きやすい
凝った提案分が一瞬で使えるようになり、
高速で提案をすることができます。

 

 

これが
ステップ1のキモ」になります。

すべてを効率的に流れ作業にしてしまい、
ガンガンクライアントを取ってくる。

そうすることで土台が出来ます。

 

 

その土台を活かし
単価をガンガン上げていく方法が「ステップ2」です。

土台が無いと城も建ちませんので、
ここできっちりと効率化しておきましょう!

 

 

仕事が貰えるオススメの提案文を紹介します!

 

そもそも起業が依頼を出しているということは、
その企業(クライアント)はお金を払ってでも叶えたい事がある
ってことですよね?

だからその叶えたいことが
何なのか理解を示し、提案することで企業は
「この人はわかろうとしてくれているな」
と感じてくれます。

それがやる気とか熱意に感じてもらう要素になります。

 

 

大事なのは
理解を示す態度
なので本当に理解できていなくても大丈夫!

エスパーじゃないんだから、
絶対的な予測はほぼ不可能です。

 

でも文章から
予想して伝えることは誰でも出来ますよね。

 

 

間違っても
「やる気だけは誰にも負けません!!!」
などと口だけ野郎にならないように気をつけましょう!

そんな事は
やる気ないやつでも言えます。

 

 

やる気があるなら、
やる気がある人の態度で
臨んでいる姿勢を見せるのが大事なんです。

 

 

提案文はとにかく熱意。

 

 

自分の出来ることを
アピールするのも大事ですが、
「理解を示すのが特に大事」
だと心に刻んでおいて下さい。

 

そうは言ってもどう書けば良いんだ?
と迷う方もいると思いますので、
特別に僕が使っている紹介文を教えたいと思います。

 

 

あくまで参考にして、
自分オリジナルの提案分を作成してみて下さい。

【仮に金融系の提案をする場合】

はじめまして。
〇〇と申します。

ご依頼内容を
一字一句しっかりと拝見させて頂きました。
1記事辺りの文字数が多く、
適正のあるライターを見つけるのが大変そうですね。

特にFXや株などの金融系は、
広告の単価も高いから激戦区で、
より質の高さを求められるから尚の事だと思います。

僕は5年間ほど、
SEOを意識した長文記事の執筆に携わっており、
過去300記事以上書き上げた実績もあります。
ジャンルは金融系、転職系、恋愛系がメインですが、
幅広いジャンルを書き上げていました。
(ただ、公開OK記事が無いので参考記事はないのですが…)

記事テーマやタイトルに合わせて
検索意図をしっかり汲み取り、
記事を書き上げることができます。

〇〇様(クライアント名)に依頼に添えてる記事だと
判断していただけた場合の長期継続も可能です!

是非、挑戦させて欲しいと思っています

・わかりやすい文章
・読みやすい文章
・マニュアルに沿った文章

が得意ではありますが、
何か要望があれば、
出来る限りお応えしたいと思っておりますので、
気軽にお申し付けください。

文章は書くのも読むのも好きなので、
わりと柔軟に対応できるかと思います。

やり取りに関しては、
基本空き時間があればメールを開きます。
予定があっても、12時間以上連絡しない事は
絶対に有り得なく、だいたい2時間以内の返信ペースになるかと思います(もちろんリアルタイムが求められる内容であれば即時返信します)

それと、
いかなる理由であろうとも
納期は必ず守ります。

というのも、僕が以前専属で
お付き合いしていたアフィリエイター様が

「ランサーズで仕事頼むと
すぐにライターさんが体調崩したり身内の不幸があったりするんだ(怒)」

と嘆いていたのを思い出したので、
非常に当たり前のことではありますが、
そういう事が無いことも
アピールさせていただきました(笑)

万が一本当に仕事ができない時は、
早めに連絡し、いつ仕事開始できるかなどを逐一報告します。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
〇〇様からのお返事を、
心よりお待ちしております。

 

イメージとしてはこんな感じです。
これをジャンル毎に用意しておくと良いかと思います。

 

 

もちろん丸パクリでも良いですけど、
そこには
「あなたの言霊が宿らない」
それを敏感に感じ取ったクライアント様からは契約が取れない!
などのケースも考えられるのでオススメできません。

 

 

「言霊なんて信じられないな」

と思う方は甘いですね。

 

 

言霊というのは
抽象的な概念を表現しているだけであって、

 

 

その実は

  • 言葉の節々に違和感
  • 実際にやり取りした感じと全然違う
  • 言ってることがなんかチグハグ

など言葉の節々が歪んでしまい、
その結果相手の信用を損なう可能性が高い。

 

 

そういう意味です。

なので自分の言葉で提案分を作り、
ガッツリ使いまわしましょう。

最初だけは労力かけたほうが良いですよ。

 

 

上質な提案文であればあるほど
レバレッジがガンガン効きますから
最終的にかけた労力以上の利益となって返ってきます。

 

 

ランサーズ一本に絞ることで評価が貯まりやすい

 

あとランサーズ一本に絞ることで、
報酬額や評価が分散されずに、
蓄積されるのでアカウントの力が付きやすいです。

 

 

クラウドソーシングでは、
報酬額や評価の数によって、
アカウントの強さに影響が出ます。

 

 

ランサーズであれば、
評価がたまると「認定ランサー」などの称号が貰えて、
それだけで提案が有利になったりするので、
より有利に稼いでいくことができるんです。

 

 

なので初期は稼ぐために、
一刻も早く評価を貯めるのが先決だと考えましょう。

 

 

その場合例えば
月の報酬が10万円あるとします。

 

 

その10万円は
5個のクラウドソーシングを使って稼いだとすると、
各々約2万円ずつの稼ぎで、
さらに評価も5等分ですよね(わかりやすく単純計算してます)

 

 

しかし1つに絞れば、
報酬は10万円で評価もすべて一点集中するので
5個使ってる人よりも5倍早く
アカウントに力を付けることが出来るのです。

 

 

大抵の人が複数のクラウドソーシングを利用し、
評価を分散させてライターをしているので、
効率的に先輩ライターを
出し抜ける可能性も十分に考えられます。

 

 

稼げるライターは
戦略を上手に使いこなします。

 

 

アカウントに力が付いてからが
WEBライターとして本当の勝負どころなので
ランサーズ1つに絞って活動することは
非常に理にかなった動きだと言えるんです。

 

 

簡潔にまとめると
素早くスタートラインに立てる
ってことです!

 

 

【副業で稼ぐ必殺技2】クライアント教育をして都合の良い案件だけにする

【ステップ2の結論】
高単価で楽な仕事だけを残すための施策を行う
この時点での想定月収5万~20万円程度

 

 

次に自分が楽して
大きな金額を稼ぐ準備をしていきます。

 

 

WEBライターって、
書くのが大変なイメージありますよね?

しかもその割に稼げないと
思っている人も多くいるのではないでしょうか?

 

 

これから紹介する方法を
ひたすら繰り返していくと、
自分の好きな記事で高単価な案件のみ
が仕事内容になって
イージーモードになること間違いなしです。

というか、
その状態にならないと
副業で大きく稼ぐのは困難だと断言します。

 

 

WEBライターの仕事が辛いと感じる原因は主に2つ

  • 単価が低いから稼いでる気がしない(お金のモチベーション)
  • 書きたくない案件を詰め込んでしまう

の2点です。

 

 

「書くの辛いな…」
と感じながらの執筆活動は絶対に長続きしません。

 

 

WEBライターとして稼いでいくためには
執筆のモチベーションを管理しつつ、
案件をこなしていくことが非常に重要なので、
上記2つは絶対に満たす必要があるんです。

 

 

たとえば、
どんなきつい仕事でも
一日100万円貰える仕事
だったら喜んでやりますよね?

 

 

逆にめっちゃ得意なことでも
1日働いてたった10円しか貰えない仕事
だったらテンション下がりますよね。

 

 

お金のモチベーションって、
想像よりも遥かに重要なことでして、
文字単価1円のままだとどうやってもやる気は出ません!(断言)

 

 

とにかく
自分のテンションが上がる単価の案件
だけを残すイメージで他は切り捨てましょう。
(僕の場合は基本2円以下はガンガン切り捨てます。)

 

 

でもWEBライター初心者のうちは
仕事や実績も少なく
「いやでも、せっかく仕事くれるのに…仕事もらえなくなっちゃうじゃん…」
と思いますよね。

 

 

ですが、
そのための【必殺技ステップ1】です。

 

 

減った分は新しく補充するので、
何も心配しなくて大丈夫。

 

 

そうやって
”ろ過システム”のように
何度も繰り返していくと、
純度の高い都合の良いクライアントだけが残るようになります。

 

 

金額で足切りして純度を高めたら、
次は”やっていてテンションの下がるクライアント”を順番に切っていきます。

 

 

  • 連絡してる感じ噛み合わない
  • たまに無茶を言ってくる
  • 配慮が無い・傲慢な態度
  • そもそも書きたい内容じゃない

 

などは足切り対象です。

ガンガン減らして、
新しいクライアントを補充していきましょう。

 

 

ある程度繰り返していると、
単価が高くて、好きな内容で精神的な負担も少ない神案件のみ
って状況になります。

これがステップ2で目指す状態です。

 

 

 

ここまでくれば、
楽な仕事だけで月50万も余裕です。

 

 

さらに付加価値を与えることができれば、
月収100万も見えてくる段階でしょう。

 

 

【副業で稼ぐ必殺技3】楽で高単価の案件のみを5社以上持て

 

 

 

【ステップ3の結論】
ステップ1とステップ2を繰り返しながら、既存のクライアントの信頼を積む
※この時点での想定月収20万~50万円程度(専業なら100万も可能)

 

 

ステップ3では
神案件を超神案件に育てていく方法
を使いさらに稼ぎを大きくしていきます。

 

 

その際に意識してほしいのは
神案件を5社以上キープしてから実践する
ということ。

 

まだ5社に満たない人は、
引き続きステップ1とステップ2を繰り返して、
5社以上の神案件クライント獲得に全力を注いで下さい。

 

 

副業WEBライターに5社以上のクライアントが必須の理由

 

それは安定感の問題です。

極論ですが
1つの会社が毎月50万円払ってくれているとしましょう。

その会社が
広告予算が無くなったからもう仕事無いわ
と言ってきたらその時点で収入は0になります。

そこからまた神案件を作り出すのに
かなりの時間がかかるので、
その間の収入はガタ落ちですよね。

 

 

副業であれば、
本業の収入があるので平気と思いがちですが、
せっかくの努力が水の泡になると
そもそもWEBライターを続けるための
モチベーションが失われる危険性があります。

 

 

でも5社キープしている場合であれば
1社打ち切りでも10万の損しか無い
ですから、まだ40万の収入は得ることができます。

 

 

その間に神案件を作り出す作業をしておけば、
大きな損失なく元通りにできますよね。

 

 

こうやってリスク分散しておくことが大事。

 

 

さらに1社に依存してると、
その会社に嫌われたら仕事無くなる
という恐怖心から
単価交渉も強気に出来ないパターンも考えられます。

 

 

様々なリスクを考えて、
5社以上を持っておくことは大きなプラスになるんです。

 

 

依存度を下げるのは、
クライアントと対等に話を勧める上で最も重要で
高圧的な態度を示したら即切ってやろう
というマインドで話すことができます。

 

 

WEBライターの仕事も恋愛と同じです。

惚れたほうが負け」なんですよ。

立場が弱くなると
相手の都合の良いように働かされてしまいますからね。

 

 

5社のクライアントを教育していく

 

具体的な教育方法を教えます。

もう既に
「単価も満足!書きたい内容も満足!」
な状態ですが
さらに単価を釣り上げて充実度を高めていきます。

 

そのためには、
ある程度継続期間を積み重ね、
信頼を積んでいくことが大事です。

これは必殺技3を使うための前準備となります。

 

WEBライターの信頼は
大きな単価アップの交渉材料になります。

 

 

信頼が厚ければ、
その分大きい単価交渉も通りやすいです。

でもそんなのは当たり前で、
必殺技とは言えませんよね。

 

 

ここで教える必殺技は
自分にしかできない作業をクライアントにアピールする
そうすることで
この人に継続してもらわないと困る
って状況を意図的に作り出します。

 

 

その状況を作る意識を常にしつつ、
いざ実行する時は
現時点で一番条件が悪いクライアント
に対して行います。

 

 

理由は最悪契約打ち切りになっても、
痛手が少ないからです。(基本的には打ち切りにはなりません)

 

 

打ち切りにならなくても、
交渉に乗らない、または条件付きでも単価アップは厳しい
と言うクライアントは成長の伸びシロがもうありません。

 

 

現状維持でいいのであれば、
継続もいい選択ですが
さらに報酬を上げていきたい場合は
育つ見込みのないクライアント」を切り、
その分新しいクライアントを育てる方が
将来的な収入は伸びる傾向にあります。

 

 

なので僕のオススメは
交渉の余地が無ければ即切り捨てです。(身も蓋もありませんがビジネスなので当然のことです)

 

 

月収100万円稼ぐWEBライターもやってる裏技を紹介します

 

これから紹介するのはグレーな手法です。

時間のない副業の方こそ、
極めれば大きく稼ぐ手助けをしてくれる手法だと思います。

 

 

本来はあまりやってはいけませんので、
ご自身の責任で行って下さい(僕はやってません!)

 

 

その方法とは
単価5円で取ってきた案件を別のライターの3円で書いて貰う方法」です。

 

 

神案件を育てるところまでは同じ流れです。

ある程度単価釣り上げが成功してきたら、
文字単価5円とかになってきます。

 

 

そのタイミングで、
人を雇う方向にシフトチェンジ」するんです。

 

 

会社経営に近い感じですね。

安く仕入れて高く売る、
商売の原則を逆にして行うイメージです。

「自分しか取れない高単価案件を、その文字単価より安く書いてもらって中抜き分を手取りにする」

 

 

 

中抜き2円なので、
一見稼ぎが落ちるように感じますが、
自分がやるべき仕事は手直しのみです。

 

 

手直しのみであれば、
早ければ10分で納品できますから
「文字単価2円で5000文字=1万円」

つまり時給単価6万円になるってことです。(もちろん単純計算ですが…)

エゲツないですね。

 

 

 

ただし最初に
ライターを教育するなどのコストが掛かります。

 

 

それも精度の高いマニュアルを用意して
1ヶ月ほど面倒見れば解決するみたいです。(マニュアルは知らないし紹介できませんのでご自身で考えてください笑)

これはライティング経験者ではなく、
ライティング未経験者を実際にランサーズで募集し、
自分が取ってきた案件を
そのライターに流して行うようです。

 

 

良い言い方をすれば
ディレクター(編集者)に昇格するようなイメージですね!

でも本来このやり方は禁じられています。

最後に自分の手直しが無ければ
完全に違反行為
手直しがある分グレーゾーンになるイメージです。

 

 

これを実行すれば、
手間暇かけずに月収100万も可能ということで、
大きく稼ぎたい人は
チャレンジするのも一択かもしれませんね。

まっとうに稼ぎたい人は
必殺技スッテプ3を繰り返し行っても
しっかりと稼げますから、
くれぐれも選択は慎重にしましょうね。

 

 

【まとめ】WEBライターとして副業で稼ぐ方法は存在する!

 

この記事では

【ステップ1】
単価の適切な足切りラインを設けて数打ち作戦を行う

【ステップ2】
みんな知らない単価交渉テンプレを利用する

【スッテプ3】
最終的に楽で高単価の案件のみを扱う

について解説してきました!

最後はあまり教えたくない
グレーゾーンのテクニックまで教えてしまいました(笑)

 

 

正直、しっかりと使いこなせれば
確実にしかも余裕で月100万稼げます。

 

 

それどころか、
僕の知り合いは
この手法で月200万も達成しています。

当然ですよね、
人手がかけれる分レバレッジが効きますから。

やればやるほど儲かります。

 

 

ただし、
何度も言いますが違反スレスレの行為です。
本当に裏技です。

 

 

使用する際は、
自己責任でやってくださいね。

WEBライターとして、
前半教えた正攻法でも十分月100万は稼げます。

単価はびっくりするくらい上がりますから(笑)

 

 

正しい道で稼ぐWEBライターが
1人でも多く増えると嬉しく思います。

 

 

当ブログではこのような
実践でしか身につかないスキル
をたくさん紹介しています!

 

 

是非他の記事も読んでいって下さい。

あなたが副業で稼げるように
なるためのサポートができるかと思います。