ライティング

【現役WEBライターが語る】ブログで手に入れた3つの最強メリット

 

「WEBライター始めたいんだけど、ブログもやるべきかなぁ…誰か教えてよ!」


と思っている方は必見です!

 

ブログ始めるメリットが大きいならやるし、
そんなメリットが無いならメンドクサイしやらない。

 

あなたの気持ち良くわかります(笑)

 

 

だって僕も
初心者WEBライター時代に同じこと思っていたから。

WEBライターを目指すと、
必ずついて回ってくるのが
同時並行でブログもやるべきかどうか問題です。

 

 

結論から言うと、
本当に稼げるWEBライターを目指すなら
絶対にやったほうがいいです。

 

 

さらに言うなら、
将来、月収100万以上をコンスタントに稼ぎ、
脱サラしたいなら120%やるべきです。

 

 

ブログを軸に高単価直案件をゲットしたり、
自分の記事をポートフォリオにして、
提案がめっちゃ有利になったり、

自分のブログでアフィリエイトして稼ぎまくったり

 

 

「なんでやんないの?バカなの?」
ってレベルでやるべき。

 

 

ただ、メリット云々じゃなくて

 

シンプルにブログ更新がメンドクサイから嫌

 

 

と思うようなやる気が無くて
”一生稼げないタイプ”の思考の人には向いていませんね。

 

…いきなり毒舌でしたね。

でも本当ですよ?

 

この記事ではそんな
ライターはブログを絶対にやるべき理由
を現役WEBライターの視点から徹底解説します。

 

具体的な重要ポイントとして

 

・WEBライターとして有利に交渉が進むから報酬爆上げ

・専門性も磨けて文章が資産になると恐ろしいくらい稼げる

・やっぱりWEBライターとブロガーの両立が最強説!

 

 

を順番に解説していきます。

5分くらいで読めますし、

WEBライターがブログを書くと手に入る最強すぎる未来
について詳しく知れる可能性が高いので

最後まで読んでみてください。

 

 

WEBライターがブログを書くとの単価交渉が有利になる

僕が思う一番のメリットです。

WEBライターがブログを書くと単価交渉が有利になるってどういうこと?

 

って思いましたか?

 

説明しましょう。

 

つまり

 

WEBライターがブログを書くと収入が爆上がりする

 

ということです。

 

この説明だけでは漠然としすぎて、
「稼げるのは嬉しいけどほんとかよ?イマイチわからないなぁ…」

と言われてしまいますので、
もっと掘り下げて解説していきたいと思います。

 

 

WEBライターとして稼いでいくには、
まずは案件を獲得するために、
クライアント様に提案をしければいけません。

 

 

その際に用意する、
提案文の内容も非常に重要ですが、
同じくらい重要になるのが”目に見える実績”です。

 

ここを重要視するクライアントは多く、
それがないだけで提案を拒否されることもよくあります(僕も提案で参考記事を載せずに断られることは多々あります笑)

 

 

でも初心者WEBライターに
実績なんてあるわけないですよね。

そこで活躍するのが、
自分で更新しているブログです。

そのブログのURLを、
提案文に貼り付けることによって、
クライアント様は必ず目を通します。(提案文がしっかりしていればですが・・・)

 

 

そのブログ記事がクライアント様の
依頼している内容にマッチしていればベスト。

 

しかしマッチしていなくても、
「この人はこの程度の文章能力があるのか!」
という指標にはなります。

 

 

その指標があるかないかじゃ、

クライアント様も頼みやすさが段違いです。

 

 

僕のお勧めは、
どんなクライアント様にも
マッチした記事が提案文に乗せれるように、
稼げるジャンルは基本的に網羅的に書いておく、
その上で磨きたい専門ジャンルの記事を書きまくればいいと思います。

要は「特化サイト風の雑記ブログ」を作ろうということです!
雑記ブログとは色々なジャンルを1つのブログで書く手法です

 

 

こうすることによって、
提案は明らかに通りやすくなります。

 

 

提案が通りやすいということは、

単価が高くて競争の激しいプロジェクトにも
提案が通りやすいということですので、
WEBライター初心者でも
高単価のプロジェクト」に参加することができます。

さらに、
雑記ブログであれば、
ネタに困ることはほぼあり得ないので、
ブログを継続する負担も軽くなるというメリットがあります。

 

 

ブログを使った具体的な交渉のやり方

 

もともと
高単価のプロジェクトに参加し、

さらに自分が書いている
ブログの専門性をアピールしましょう。


それを材料に
文字単価を上げてもらうことが
単価交渉の王道です。(もちろん低い単価のプロジェクトでも有効)

 

 

手法としては実にシンプルで
熱の籠もったオリジナル記事をクライアント様に見せるだけ

これだけで
他に細かいテクニックは要らないです。

文章って熱量が乗り移るものですし、
その熱量は多くのクライアントが求めている要素の1つです。

 

 

その際に、
丁寧な文かつ(どんなサイトに載せても恥ずかしくないレベルに推敲しまくる)
あなたの体験談をガッツリ書いてください。

文章初心者でも推敲を重ねれば確実にいい文章に近づけることができます。最初は見直す回数でカバーしましょう。その高めた質は使い回せるのでコスパは最高です。

 

 

基本的に、
WEBライターに求められるのは、

自身の体験からくるオリジナル性の高い記事
であることが大半です。

 

 

そこに専門性が深くあるとベストですね!

 

「私、こんな記事書けますよ!求めてますよね?こういうの」

 

 

と言わんばかりの

スタンスで話しかけるということ(笑)

 

提案を通すためには
恐れず堂々と言い放つのがコツです。

 

 

ただし単価交渉には、

ある程度クライアント様との信頼関係がないと難しいので、

継続案件を数ヶ月続けてみてから交渉するようにしましょう。

 

 

信頼関係がしっかりと構築できていれば、

意外と悪い顔はされません。

 

 

WEBライター初心者ほど、

「単価を上げるって図々しくないかな…」
と勝手に悪いことだと決めつけ引け目を感じてしまいます。

でも良く考えてみて下さい。

クライアント側からしても、
あなたの文章に価値を感じているから
継続依頼をしているわけですよね。

価値がないなら継続しないで、
即案件終了です。続いている時点で認められています。

 

 

なのでクライアント側も、

「ライターさんが気持ちよく書いてくれるのであれば、予算いっぱいまでは文字単価を上げても構わないかなぁ」

と思っていることが大半です。(しっかりと価値提供できていれば)

しかしわざわざクライアントから
言うことはまず無いので、こちらから切り出す必要があります。

 

 

遠慮なしに聞いてみましょう。

 

ただし単価交渉をする際は
必ず相手にも
メリットを提示しないといけません。

世の中ギブ&テイクですから
いわゆる「くれくれ君」だと嫌われてしまいます。

 

 

たとえば
こんな風に聞いてみてはいかがでしょうか?

  • これからも納期を守って継続的に書いていくので単価を上げてもらえませんか?
  • 記事に見合った画像を無料の画像サイトから選んで添付するので単価を上げてもらえませんか?
  • もっと〇〇について深い話ができるので単価を上げてもらえませんか?

 

 

この程度の理由でも、
あるだけで交渉っぽいですよね?

 

 

いい大人のワガママは見苦しいですから、
この程度のお土産は用意してコチラの願いを叶えてもらうんです。

自分のできそうなメリットを用意して聞いてみましょう。(半分建前ですから理由はわりと何でもいいです・・・笑)

 

 

他にも単価交渉術はありますが、
今回は割愛させていただきます。

 

いつかこのブログで
熱く語る時が来ると思いますので、

是非楽しみにしていてください。

 

 

WEBライターとしての専門性を磨きながら資産を構築できる

当たり前のことですが、
WEBライターとして大きく稼ぎたいのであれば、

 

 

稼ぎたい金額に対して見合った価値のある文章提供

 

を出来ることが必須条件ですよね。

価値をお金に変えるのは資本主義の原理原則ですから。

 

 

「月5万稼ぎたいなら5万円分の価値」

 

「月10万円稼ぎたいなら10万円分の価値」

 

「月100万円稼ぎたいなら100万円分の価値」

 

 

この当たり前を常に意識して
しっかりと金額に見合った価値を提供しないと話になりません。

 

WEBライターで言うところの価値とは

 

 

量でも質でも丁寧さでも金額分の価値さえあればOK!

 

 

メンドクサイを請け負うのも価値提供の1つですし、
やり取りがスムーズなのも価値提供の1つです。

文章が上手いだけが価値とは限らないのが、
WEBライター初心者でも
高収入を目指していけるポイントですよね。

 

 

その中でも、
最も効率良く稼ぎに対する価値を上げれるのが「希少価値」です。

これ、マジで重要です。

つまり”専門性”や”あなたしか経験できないような何か”がいわゆる「希少価値」にあたります。

 

 

誰にでも頼めない事ほど、
希少価値は高まり、
それに応じて稼げる金額も大きくなるイメージですね。

希少価値を高める行動が、
稼げるライターになるための最短の近道です。

ブログを書くことで、
あなたの希少価値を高めるサポートをしてくれます。

 

 

ブログって本当に良いやつなんです。

 

 

更新がめんどくさい気持ちよりも、
こういった他に代え難いメリットを見て
ブログを継続するモチベーションにしてしまいましょう。

 

それが成功した時、
あなたの成功はもう目の前だと思います。

 

 

WEBライターとブロガーの両立はシナジーが働くから効率良く成長する

おさらいも兼ねて、
WEBライターがブログを書く
メリットとデメリットを言いますね。

WEBライターと
ブログは本当に相性が良いんです。

いわゆる
執筆力が凄い速度で成長する
ってやつです。

 

 

【WEBライターがブログを書くメリット】

 

僕が思うブログのメリットはこちら!

 

  • 執筆力が鬼のように付く(一生モノのスキルが素早く身につく)
  • 文字を書く習慣が付く(継続力の鍛錬になる)
  • 1記事が収益を生み続けてくれる可能性がある(WEBライターでは絶対に生み出せない資産性)
  • 書き方、ルールに制約はなし(表現力の向上)
  • 提案が通りやすくなる(専門性のアピールで希少性も◎)
  • ブログを介して起業から高単価の直接案件が貰えることも…

 

どうですか?

どれを取ったとしても
”最強のメリット”
と言って過言では無いですよね!

 

 

逆に言えば、
ブログを書かないとこのメリットがすべて無くなる
ってことですよ。

 

ありえないですね。

同じ初心者WEBライターでも、

 

上記のメリットの恩恵を
「受けている人or受けていない人」
どっちが稼げるか一目瞭然ですもの。

 

 

【WEBライターがブログを書くデメリット】

 

・経費は自分持ち(毎月1000円位が目安)

・記事アイデアや校正、写真、デザインなど何もかも自分でやる

・すぐ収入になりにくいから最初だけほぼタダ働き(代わりに未来の稼ぎは爆上げ)(目の前の利益しか見えないから頑張れない人はそもそも才能が無い)

 

 

WEBライターの魅力は、

初心者でも即収入ゲットができる点です。

 

 

つまり報酬までの早さが売りなわけです。

 

 

同じ文章を書く職業でも、ブロガーは逆です。

初収入までの期間が
どれだけ頑張っても半年以上、
下手したら1年以上稼げないので、
モチベ保つのが非常にキツイし、
今すぐ稼ぎたい人には向いていません。

 

 

しかしブログの場合、
一度報酬が発生し始めると、
ある程度記事を書かなくても
継続的にお金を生んでくれるようになります。(半不労所得)

資産性の高さがブログの売りってわけです。

 

 

それにWEBライター兼ブロガーなら
短期の稼ぎはライター・長期の半不労所得はブログ
というすみ分けもピッタリ!まさに相性◎!

 

 

発生する段階に入れば、

サボってもお金が入ってくるから、

明らかにWEBライターよりも楽できます。

それとブログを始める際は
絶対に独自ドメインで立ち上げて下さい。

詳しくは脱線するので解説しませんが、
生殺与奪を他人に預けては資産を築く意味がないので。(そもそも資産と言わない)

 

 

ブログで文章力が磨かれるとは【番外編】

あまり深くは触れていないけど、
当たり前のメリットとして、

文章に触れる機会が増える

というものがあります。

 

 

文章は筋肉と同じで、
定期的に鍛えることでしか、
発達させることができません。

 

 

つまり週3日でしか働けない人は、
週3日しか文章に触れる機会がないということですよね?

 

 

筋肉の場合は週3日でも、
発達させることはできますが、
文章は1日でも文章を書かない日があると、
あっという間に力は衰えます。

WEBライターを目指す上で死活問題です。

 

 

なのでブログ更新を習慣化することによって、

「文章能力を衰えさせない」
という副次効果もあります。

これは文章力を
鍛える意味とは少し違った感覚です。

筋トレで言うなら
「筋肉の発達ではなく神経系を活発にしてパワーを出しやすい肉体にする」
こんなイメージです。

運動部以外の方にはわかりにくいですか?(笑)

 

 

もっと噛み砕くと
慣れた状態をキープしとくと本来の力が常に最大限発揮できる
って感じですね。

 

その状態で文章を書くことで
常に最大限の文章を生み出せるから成長も早いです。

 

成長の限界突破は、
慣れた状態で無いと出来ませんからね。

不慣れな状態でいくら頑張っても、
”ふたたび慣れるまでの準備運動程度の力”
しか発揮できず、限界を超えることはまず無理です。

 

 

WEBライターとして成長するためには
最大限の力を発揮した時に得た経験値が大切なので、
WEBライターとして成長したいなら
毎日少しでも良いから文章に触れておくのが大事ってことです。

 

 

この効果が非常にでかく、
副次効果なのにメインの効果同様の絶大な効果があります。

 

 

メインの効果とは、
先ほど話した通り、
WEBライターとして扱うジャンルの専門性を磨いたり、
その記事の資産性で広告収入を得たり、
書いた記事を単価交渉の材料にしたりということです。

 

 

メインで得られる絶大な効果+副次的にえられる文章力の強化

 

 

このメリットを見て、

ブログを始めようと思わない人は、

残念ながらWebライターとしてのセンスはないと思います。

 

 

もちろん副業の片手間で
WEBライターを始めようと思っている方は、
そこまで時間が取れないかもしれません。

 

 

でも最終的には、
Web ライターとして働いていきたいと考えるのであれば、
絶対に始めるべきだと言えますよね。

 

 

ちなみに僕は、
Web ライターをやりながら、

会社を辞めるまでに
ブログ記事数約200記事更新しましたよ!

 

 

実際に交渉参加にも使っていたし、
一つの特価ブログでは、
広告収入が約30万円もらえたりしていました。 (案件の繁忙期、今ではもっと稼いでくれています)

 

 

WEBライターの収入もアップさせながら、
自動で入ってくる収入もあったので、
会社を辞めることを決断できたのだと思います。

 

 

このように様々な角度から、

自分の人生を支えてくれる力を持っているのがブログです。

 

 

できない理由を探す前に、

 

「やれるようにするにはどうすればいいのか?」

 

 

を先行して考えて行動できると
稼げるWebライターへの道が開けると思います。

 

 

【まとめ】WEBライターは絶対にブログ書け

 

・WEBライターとして有利に交渉が進むから報酬爆上げ

・専門性も磨けて文章が資産になると恐ろしいくらい稼げる

・やっぱりWEBライターとブロガーの両立が最強説!

 

 

について話してきましたが、
この話をしてブログを書かない理由なんてあるのでしょうか?

 

 

頑張る動機が弱く、

続ける馬力が無い、やる気ないし才能が無い人は
ブログができなくて当然です。

 

 

しかし、

 

 

「本気で稼げるWEBライターを目指している!」

 

「将来は自分の力で月収100万円達成したい!!」

 

「俺には夢がある!そのために金が必要なんだ!!!」

 

 

って人はできるはずです。

やることで、
ほぼ確実にその理想は手に入りますから。

 

 

大事なのは
継続」と「正しい方向性の努力
ですよ。

 

一緒に稼げるWEBライターを目指して頑張りましょう!