エンタメ速報

ドラマ『いだてん』最新情報まとめ

異色の大河ドラマとして非常に有名になっている2019年大河ドラマの「いだてん」は2019年1月6日から放映されています。

 

放映負けあらいろんな意味で話題になっていましたが、想像できないようなストーリー展開や魅力的なキャラクターで放送後も話題沸騰中です。

 

そこで、今回はこのいだてんについての最新情報を集めます。

 

 

2019年大河ドラマ「いだてん」のストーリー

 

いだてんは通常の大河ドラマとは違い近現代史大河を主題としているだけあってなかなか創造できない展開が続いています。

 

 

織田信長や上杉謙信や坂本龍馬といった超有名人物だったら、歴史好きな人はある程度のストーリーが想像できるでしょうが、いだてんは主演もリレー形式でつなぐという異色の形式になっているので大河好きでもストーリー展開予想が出来ません。

 

 

一度頭をからっぽにして、先入観を捨て、どのようなストーリーなのかを素直に追いかけましょう。

 

 

1964年の東京オリンピックまでの歴史を追いかける

 

おおざっぱにストーリーを解説すると 1964年までの東京オリンピックまでの歴史を追いかけるストーリーです。

 

初めてオリンピックに参加した中村勘九郎演じるマラソン代表の金栗四三や東京オリンピックを開くために尽力し尽くした阿部サダヲ演じる田畑政治という二人の主人公をおいてストーリーが進んでいきます。

 

 

ただし、初めてオリンピックに参加したマラソン代表の金栗四三のお話は1910年前後のお話になり、東京オリンピックに尽力した田畑政治のお話は1930~1964年までのお話になるので時代のずれが生じており必然的に二部構想のような形になっています。

 

 

第一部が初めてオリンピックに参加したマラソン代表の金栗四三にスポットを当てたストックホルム大会篇で、第二部が田畑政治にスポットを当てた東京オリンピック篇となると考えるとわかりやすいです。

 

 

 

2019年大河ドラマ「いだてん」のキャストは?

 

いだてんのキャストもさすがNHK大河ドラマだけあってめちゃくちゃ豪華です。

 

ただし、時代がそこそこずれる飛び石構造になっていますので、登場人物も前半は出ていたけど後半はさっぱり出てこなくなるという可能性すらあります。

 

 

それすら考慮してキャストを確認して行きましょう。

 

 

今の主役は中村勘九郎だが

 

キャストの名前をまずは箇条書きにしてズラッと紹介します。

  • 中村勘九郎
  • 阿部サダヲ
  • 綾瀬はるか
  • 中村獅童
  • 田口トモロヲ
  • 宮崎美子
  • 勝地涼
  • 大竹しのぶ
  • 大方 斐紗子
  • 佐戸井 けん太
  • 髙橋 洋

 

 

2019年1月現在の主役は初めてオリンピックに参加したマラソン代表の金栗四三なので中村勘九郎になります。

 

 

ただし、後述するように今回はリレー形式で主人公が変わりますので、第二部になるとキャストも一新される可能性が高いです。

 

 

戦前と戦後の日本では雰囲気も街の状態も異なりますので、大きく展開は変わるでしょう。

 

 

なんと主演もリレー形式でつなぐ

 

今回のいだてんは2人の主人公をリレー形式でつないでいくので、主人公が作中で変わっていきます。

 

 

時代が違いますので当然の帰結ですが、慣れていない人にはびっくりするでしょう。

 

 

年代がずれることで主人公も変わり、その人にまつわる人間関係を軸としてストーリーが展開していきますので、第一部での登場人物が第二部でどのように関わってくるのかを確認するのも魅力的でしょう。

 

 

2019年大河ドラマ「いだてん」の見どころ

 

このように何から何まで異色だらけのいだてんは放送前から話題になっており、第一話と第二話が終わった今でもSNS上でこの話題は沸騰しっぱなしです。

 

 

改めて、今回の大河ドラマであるいだてんの見所は何なのかを確認して行きましょう。

 

 

今までにない異色の近現代史大河

 

とにかく今までにない主人公のリレー形式という形と、近現代史大河であるということが最大級の見所となります。

 

 

ある意味アメリカで活躍しているメジャーリーガーの大谷選手のような珍しい物づくしですので、この初めてと珍しさをどこまでわかりやすく視聴者に届けられるのかがポイントとなってくるでしょう。

 

 

主人公のリレー形式がうまくいくのか、第二部に突入した後はどのように第一部のキャラクター達を扱っていくのかも重要になります。

 

 

主人公が二人いるようなお話では、片方が輝きすぎると片方がかすれてしまうので片方が強烈なキャラクターならば、負けないような強烈さが存在しないと両立することが出来ないのです。

 

 

中村勘九郎演じる金栗四三は第一話から結構強烈なキャラクターになっているので、阿部サダヲがどこまでやってくれるのかも注目する必要があります。

 

 

テーマは東京とオリンピック

 

今回の大河ドラマのテーマは東京とオリンピックです。

 

 

オリンピックに関わって東京がどのように大きく変わったのか、日本がどのように大きく変わったのかにもスポットを当てている作品なのでいかにオリンピックに関わった人たちの悲喜こもごもをうまく処理していく必要があります。

 

 

また、1900年代という非常に近い過去なので、資料も大量にありねつ造できる部分がほとんど無いというのもポイントです。

 

 

わからない部分は空想と妄想で補うことが出来ますが、ほぼほぼ資料が揃っているので捜索は不可能でしょう。

 

 

これらの史実をどのように表現するのか、私たちへどのように伝えてくれるのかも注目ポイントとなってきます。

 

 

ドラマ『いだてん』最新情報まとめ

 

異色づくめの大河ドラマいだてんは注目度も高いのですが、不安視する声も残念ながらかなり多いのです。

 

第一話と第二話が終わった後のSNS上の感想でも不安視するような声がくすぶっていますので、それらの声に負けないような意欲作になってくれることを多くの方々が期待しています。

 

 

この作品が成功すれば近現代史大河ドラマも増えていくこと間違いなしです。

ABOUT ME
こたろう
こたろう
音楽が大好きです! エンタメ系の考察記事を多く書いています。 楽しんでくれたら嬉しいです!