エンタメ速報

【全俺が涙】バレンタインの悲しい起源に迫る ≪各国のバレンタイン事情も≫

バレンタインの起源とはなんなのか?

この記事を読んだらきっとその問に答えることが出来るようになるだろう。

更に、バレンタインが貴殿にとってより尊いものになっているであろう。

 

 

さて、今年もバレンタインの季節がやってきました!

もうプレゼントは決まりましたか?

 

 

どんなチョコレートを贈ろうかな、、、

今年もし好を凝らしたチョコレートが目白押しですね!

大切な人に、思いを伝えるいいきっかけです!

 

 

バレンタインを楽しんでください!

バレンタインを最高に楽しむために、

今回はバレンタインの起源についてご紹介します。

 

 

 

まず、そもそも「バレンタインってそもそも何?」って思いますよね?笑

 

 

 

バレンタインの起源となる悲劇

 

バレンタインの起源は、ローマ帝国時代にまでさかのぼるようです。

当時のローマ帝国皇帝は、兵士の士気が下がるという理由で

 

 

兵士の結婚を禁止していたんだそうです。

普通逆ですよね。今と全然違いますね!

 

 

しかし、キリスト教の司教ウァレンティヌス(バレンタイン)は、

密かに兵士を結婚させていて恋人たちの守護聖人として信仰されていたようです。

 

 

そんなウァレンティヌス司教の行いが皇帝に知られ、

ウァレンティヌス司教は捕らえられ処刑されてしまいます。

 

 

ウァレンティヌス司教が処刑された日が2月14日だったためウァレンティヌスの名をとってウァレンティヌス司教が処刑された日の2月14日が「バレンタインデー」となったようです。

 

 

ウァレンティヌス司教の処刑された日が2月14日だったなんて!

 

そしてバレンタインの起源だったなんて!

 

 

 

バレンタインの起源とは何だか悲しい出来事だったんですね…。

 

 

 

バレンタインがイベント化した実態

ウァレンティヌ司教の処刑という悲しい出来事がバレンタインの起源でしたが、

ではどのようにして現代までバレンタインが広まってきたのか、

どんな由来があるのでしょうか?

 

 

当時のローマには、現代では考えられない伝統的なお祭りがあったそうです。

ルペルカーリア祭という伝統的なお祭りですが、なんとも言えないお祭りだったようです。

 

 

毎年2月14日に未婚女性の名前を紙に書いて集めます。

翌日に未婚男性がその紙を引き、紙に書かれた名前の女性と付き合うというお祭りです

 

 

これが伝統的な祭「ルペルカーリア祭」だったようです。

 

 

しかし、このお祭りは風紀が乱れる、野蛮だということで、後々キリスト教の聖人を奉る行事となったそうです。

 

 

そしてそのキリスト教の聖人を奉る行事の守護聖人に、ウァレンティヌス司教が認定され、この行事はカードや花束を贈り恋人たちが愛を確かめ合う日と変わっていきバレンタインデーとして現代に至るようです。

 

 

バレンタインの起源・由来は当時の歴史背景も絡んでいる悲しい歴史があったんです

 

 

【陰謀論】日本でチョコを挙げる習慣はいつから??

日本での一番古いバレンタインデーは?というと、

神戸の洋菓子店「モロゾフ」だと言われています。

 

 

モロゾフは現代でも有名な洋菓子店ですが、

創業は1931年(昭和6年)でした。

 

 

お洒落なチョコレートを製造して売り始め、

翌年1932年には日本で初めてバレンタインチョコレートを発売しました。

 

 

これは、モロゾフの創業者がアメリカ人の

友人を通じて2月14日に贈り物をする欧米の習慣を知ったからだそうです。

 

 

1936年には英字新聞ジャパンアドバタイザーに日本初のバレンタイン広告をのせ、その後もこのすてきな文化を広めようと発信し続けたのです。

 

 

1958年にはメリーチョコレートというメーカーの営業主任がヨーロッパの知人からバレンタインの話を聞いたことがきっかけで、東京の伊勢丹でチョコレートの売り上げを目的として2月14日のバレンタインデーにちなんだキャンペーンを行ったそうです。

 

 

最初の年はそのコーナーで売れたチョコはわずか5個だったようです。

 

 

最初は反響が少なかったのですが、その後女性誌に取り上げられたことがきっかけで少しずつ認知度が高くなっていったようです。

 

 

それでも定着したのは昭和50年頃だそうなので、

かなりの時間がかかっていますね。

 

 

チョコレートとバレンタインデーを関連づけて広告を出した当時の人たちって凄いなと思います。

 

 

外国からの行事を取り入れようとしたり、

広告を発信し続けたその努力が実って、バレンタインデーは今日では、

 

 

「チョコレートで想いを伝える愛の日」

 

 

として女性中心に国民的イベントになったという訳です。

 

 

と同時に、日本チョコレート・ココア協会によって2月14日を「チョコレートの日」と制定されました!

 

 

 

各国のバレンタイン

アメリカ

 

アメリカでは女性から男性に渡すことはありません。

その逆です。

 

 

男性が愛する女性にプレゼントを渡します。

 

 

それは、チョコレートだけでなく、花束やぬいぐるみ、ジュエリーなども一緒に渡します。

そのため、前もってレストランを予約して準備を整えておくそうです。

 

 

日本と大きく違うのは義理チョコという感覚がないことです!

 

 

本命のみ!!!ドキドキ!

 

 

本当に好きな人にしかチョコを渡すことはないようです。

 

 

また、車社会のアメリカならではの話ですが、バレンタインデーのためのプレゼントがガソリンスタンドでも売られているそうです。

 

 

イギリスのバレンタインデーは女性からだけでなく、

男性からもカードや花を贈るそうです。

 

カップル同士でプレゼント交換することもあるとか!?

 

イギリス

 

イギリスでのバレンタインデーの特徴として、バラの花とカードでしょう!

 

カードには名前を記さず、匿名で贈られることが多いとか!

誰から贈られてきたカードなのかはっきりわからないと何だか落ち着かない感じがしますよね。

 

 

イギリスでは、この日街中がハートやバラの形をした飾り物に溢れて、ピンク色のイルミネーションなどでキラキラと輝く一日になる。

 

 

レストランの席がすべてカップルシートになるというほどで、未婚、既婚にかかわらず、愛を語る人たちで溢れかえるそうです。

 

 

愛するという花言葉を持つ赤いバラの花とストレートな言葉で愛を伝えるのがイギリス流のようです。

 

 

情熱的ですね!!

 

 

意外と知らないバレンタインの起源まとめ

 

バレンタインデーの由来や日本でのチョコレート事情、外国のバレンタイン事情などをお伝えしましたが、もっとたくさんの国のバレンタインデー事情を調べてみるのもおもしろいかもしれませんね。

 

私はというと、ドキドキワクワクするような年代はとっくに過ぎましたが、せっかく日本に生まれ育ってきていますので、この行事にのって、チョコレートを用意しようと思っています。

 

結果も大事ですが、チョコを買う、手作りのお菓子を作るというこの過程を楽しむことも行事の醍醐味の一つですね。

 

 

あなただけのアイデア溢れるバレンタインデーを目指してドキドキワクワクしてくださいね。

 

 

手作りしたいけど、時間がないわとあきらめているあなたへ。

そんな時は、ちょっとおしゃれなチョコを用意してみませんか?

 

この記事がオススメですよ!

バレンタインおすすめプレゼンと10選

王道から、ちょっと小洒落たプレゼンとまでまとめています。

ぜひ御覧くださいね。

 

 

自分のためのご褒美にもいいですよね!!

最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
こたろう
こたろう
音楽が大好きです! エンタメ系の考察記事を多く書いています。 楽しんでくれたら嬉しいです!