本評

2018年に読んだオススメの本を紹介!

この記事では2018年に読んだオススメの本を紹介致します!

ぜひ一度目を通してみてください!

 

最近、しっかりと本を読んでいないな、と気付くことはありませんか?

 

たまには本でも読んでみようかとインターネットで探してみたけれど、読み応えがあっておもしろい名作をとなると、どの本を読めば良いのか、とても悩みますよね。

 

とりあえずランキングで上位の本を読めば良いのかと思い、ランキングをチェックしても自分には、まったく興味のない本が並んでいたということも多いのではないでしょうか。

 

そこで、今回は読み応えがあっておもしろいオススメの本を3作品紹介します。自分の合ったスタイルの作品を選んで、たまにはじっくりと本を読んでみてください。

 

2018年に読んだオススメの本を紹介

 

『極上の孤独』著書:下重暁子

 

 

下重暁子氏が書いた今作は、孤独に重点を置いた自己啓発本です。幻冬舎新書から181ページの新書版で、2018年3月25日に発売されました。電子書籍版もあります。

 

 

作品紹介

 

いつも1人でいると、あの人は人間的におかしいのではないかと見られがちです。性格に問題があるのではないかと、白い目で見られることもあります。

 

しかし、この本ではそういう考え方こそ、おかしいのではないかということを呈しています。

 

周囲に無理して合わせるよりも、1人で自分らしく優雅に生きるのはすばらしいと言う内容が詰め込まれているのです。

 

一人をこよなく愛する著者が、孤独をオススメする心の処方箋のような一冊。人間関係で疲れたときにオススメしたい作品です。

 

オススメポイント

 

最近良く耳にする「おひとりさま」。現代において、この「おひとりさま」現象はどう捉えられているのでしょうか。その答えがこの1冊には詰まっているので、一度は読んでおきたい作品です。

 

最近、人付き合いが面倒になってきた、無理に話を合わせるのに疑問を感じるなど、人間関係で悩んでいる方には最適な一冊。一度、読んでみてはいかがでしょうか?

 

『大家さんと僕』著書:矢部太郎

 

 

著書の矢部太郎氏は、吉本興業に所属している、お笑いコンビのボケ担当をしているお笑いタレントです。

 

矢部太郎氏が住む家の大家さんとのふれあいを描いたコミックエッセイは、新潮社からA5判サイズで2017年10月31日に発売。現在では電子書籍版もあって手軽に読めます。

 

作品紹介

 

メインキャストはたったの2人というシンプルなストーリーです。新宿区にある木造の二世帯住宅に住む高齢の女性「大家さん」と、今作の著書でもあるお笑い芸能人の矢部太郎氏。

 

どこにでもあるような話でもあり、かと言って初めて聞くようなエピソードが散りばめられた今作は、読み進めていくうちに、世界感にどっぷりと浸れる作品です。

 

血のつながりはないのに、家族のようにお互いをいたわり合いながら一緒に生活していく、奇妙な関係性に魅力があるのではないでしょうか。

 

オススメポイント

 

最もオススメできるポイントは、4コマ構成で作られていることです。本を読みたくても、どうしても字ばかりが並んでいると拒否反応が起きるというほど、本が苦手な人もいます。

 

その点、4コマで物語が読めるなら、最後まで苦にならずに、読み進めることができるはずです。

 

『頭に来てもアホとは戦うな!』著書:田村耕太郎

 

 

社会に出てから、最も悩むことが多いのが人間関係。しかも、利益が絡むだけに、相当厄介な悩みと言えるでしょう。

 

そんな悩みに応えてくれるのが今作で、2014年に朝日新聞出版から発売されているのですが、いまだに人気の高い本です。四六判224ページ、電子書籍版もあります。

 

作品紹介

 

人にはいろいろな感情があります。これが厄介な人間関係のトラブルを次から次へと生み出してしまう要因でしょう。

 

そのためにはどうすれば良いのか?その答えがこの1冊にはたっぷりと詰まっています。

 

誰もが思う「あの人さえいなければ会社に行くのが楽になる」という人物。

 

上司だけではなく、同僚や後輩にもいますよね?その人が原因で仕事をするのが苦痛で、ストレスがどんどんたまってしまうという悪循環を起こします。

 

そのストレスを少なくするための方法が、具体的に書かれているので、読むだけで心が軽くなること間違いなしです。

 

オススメポイント

 

著者がサラリーマン時代に培った人間関係での失敗に基づいて書かれた今作は、人間関係の悩みを一掃できるほど、具体的な答えが載っています。

 

わずらわしい会社の人間関係から解放されて、仕事に専念したい方は、ぜひ読んでみてください。

 

 

ABOUT ME
こたろう
こたろう
音楽が大好きです! エンタメ系の考察記事を多く書いています。 楽しんでくれたら嬉しいです!