アニメ評

【映画】明日世界が終わるとしても あらすじ/見所まとめ!

2019年に公開される楽しみな映画のひとつが、この「あした世界が終わるとしても」です。

「あした世界が終わるとしても」は、櫻木優平監督が手掛ける長編アニメーション映画になります。「イングレス」などの制作でおなじみのクラフタースタジオの、初めてとなるオリジナルの長編アニメーション映画ということで、今から楽しみにしている人も多いのではないかと思います。

ここではあらすじやみどころなどについて紹介します。

 

 

【映画】明日世界が終わるとしても物語のあらすじ

 

幼い頃に母を亡くしてから、その心をずっと閉ざしたままの真。そんな高校3年名生の真と、彼をいつもずっと見守ってきた幼なじみの琴莉が様々なことを繰り広げていくストーリーです。心をずっと閉ざしたままの真でしたが、琴莉の助けもあり、ようやく一歩を踏み出そうとした2人の前に、突然もうひとつの日本より訪れたもうひとりの「僕」が出現することに。

 

岩井俊二監督や宮崎駿監督のCGスタッフを担当してきた櫻木優平が、「明日世界が終わるとしても」の監督と脚本を手掛けることになりました。

また、人気シンガーソングライターの「あいみょん」が主題歌を担当することで、マスメディアなどでも話題になっています。

 

こちらに主題歌の詳細はまとめてますので是非御覧ください!

【動画あり】映画「あした世界が終わるとしても」の主題歌にあいみょんが決定!「ら、のはなし」

 

 

明日世界が終わるとしても物語の登場人物/キャストは?

 

「あした世界が終わるとしても」のキャストは以下のようになっています。

 

狭間真役は梶裕貴です。

梶裕貴は日本の男性声優、歌手、ナレーターをしており、埼玉県坂戸市出身、ヴィムスに所属しています。ちなみに以前は、アーツビジョンに所属していました。

 

泉琴莉役は内田真礼です。

内田真礼は日本の声優、女優、歌手であり、東京都出身、アイムエンタープライズ、ポニーキャニオン(レコード会社)に所属しています。

 

ジン役は中島ヨシキです。

中島ヨシキは、日本の男性声優で、神奈川県横浜市出身、現在はプロデュースに所属しています。

 

コトコ役は千本木彩花です。

千本木彩花は日本の女性声優で、埼玉県出身、アイムエンタープライズに所属しています。

 

ミコ役は悠木碧です。

悠木碧は日本の女性声優、女優、タレント、歌手で、千葉県山武市出身、現在はプロ・フィットに所属しています。「魔法少女まどか☆マギカ」、「君の名は。」、「妖怪ウォッチ」などの代表作があります。

 

その他、狭間源司役は津田健次郎、泉宗役は森川智之、ユーリー役は水樹奈々、秋山諒、西島梨央が出演しています。

 

明日世界が終わるとしても物語の見所はここ!

 

「あした世界が終わるとしても」には様々な見どころがありますが、特筆すべき点は主人公の狭間真と泉琴莉ではないかと思います。

また、2人をとりまくその他の人物も見逃せません。鑑賞予定の方は、人物像などを事前にチェックしておくとよいです。

 

見所その1:狭間真の人物像

 

「あした世界が終わるとしても」の見どころとしては、やはり主人公である狭間真の人物像ではないかと思います。

あらすじでも触れた通り、主人公である狭間真はいつも心を閉ざしがちな高校3年生です。この狭間真の声を演じる梶裕貴は、今作が生まれるきっかけにもなった作品である「ソウタイセカイ」で一度真を演じています。

 

その時の経験を活かして主人公を演じているということです。彼は今回の役どころについて、「ある時間軸によって枝分かれした、全く違う世界のもう一人の自分」と説明しています。

複雑な家庭環境の中で生き抜いてきた、主人公の葛藤をどのように演じるのかが注目されています。

 

 

見所その2:真を支える泉琴莉

 

「あした世界が終わるとしても」は、主人公の狭間真を支える、幼なじみの泉琴莉の行動も見どころのひとつと言えます。

 

本作で登場する泉琴莉は、真のことを本気で気にかける幼馴染みでもあります。この点について泉琴莉の声を演じる内田真礼は、実際に演じる琴莉のキャラクターについて、琴莉の朗らかな性格や素直で可愛らしいところ、さらに笑顔がとても好きと言っています。

また、主人子の真を一生懸命に支えようとする、その健気さも気に入っているようです。

 

そんな琴莉奈をどのように演じているのか、真と琴莉のはがゆい関係性が注目されています。2人の関係に注目して鑑賞すると、また違った魅力を発見できるかもしれません。

 

 

見所その3:もう1人の主人公であるジン

 

「あした世界が終わるとしても」は、反日本公民共和国のレジスタンス・ジンも見逃せません。レジスタンス・ジンを演じる中島ヨシキは、「ジンというのはもう1 人の真でもあり、つまりもう1人の主人公です」と、前もって伝えられていたそうです。

 

それだけ重要な役でもあるのです。その話を聞いた中島は、非常に気が引き締まるような思いをしたとか。少しスレているようで、ごく普通の少年であるジンを、中島はどのように演じているのか、他の2人と同じようにとても楽しみな部分ではないかと思います。

 

まとめ

 

「あした世界が終わるとしても」の公開を、今から楽しみにしいる人も多いのではないかと思います。

 

本作は様々な見どころがありますので、気になる方はあらすじでチェックしておくとよいです。

 

主人公の狭間真とその彼を支える泉琴莉、そしてその2人をとりまく人たちとの関係性など、楽しみが目白押しと言えます!!

 

 

 

 

 

ABOUT ME
こたろう
こたろう
音楽が大好きです! エンタメ系の考察記事を多く書いています。 楽しんでくれたら嬉しいです!