事件

【深まる謎】1000万!!? マリカー集団の大本『マリカー』任天堂に敗訴!! てかあれサービスやったんや

今回任天堂の発表によると、東京地裁は株式会社マリカーに対して、任天堂キャラクターのコスチューム貸与など不正競争行為の差止および、損害賠償金の支払いを命じる判決を下したとしました。

 

 

あのよく道端で見かける集団ですよね!

 

 

趣味でやってるやつかと思ってたんですが、あれサービスだったんですね笑

ちょっと詳細見ていきます。

 

 

マリカー騒動のまとめ

 

事の発端は、任天堂があの謎のマリカー集団に対して訴えたことから始まります。

 

 

 

これが公式からの発表

公道カートのレンタルサービスに伴う当社知的財産の利用行為に対する訴訟提起について

 任天堂株式会社(本社:京都市南区、代表取締役社長:君島達己、以下「当社」)は、2017年2月24日に、株式会社マリカー(本店:東京都品川区、以下「被告会社」)およびその代表取締役(以下、併せて「被告ら」)に対して、被告会社による不正競争行為および著作権侵害行為の差止等および上記行為から生じた損害の賠償を被告らに対して求める訴訟を東京地方裁判所に提起しました。

この訴訟において、当社は、被告会社が、公道カートのレンタルサービスを提供するにあたって、当社が製造販売するレースゲームのシリーズとして広く知られる「マリオカート」の略称である「マリカー」という標章をその会社名等として用いており、さらに、被告会社が公道カートをその顧客にレンタルする際に当社の「マリオ」等の著名なキャラクターのコスチュームを貸与等した上、そのコスチュームが写った画像や映像を当社の許諾を得ることなく宣伝・営業に利用するなどしているが、このような行為は当社に対する不正競争行為および著作権侵害行為に該当すると主張しています。

当社は、長年の努力により築き上げてきた当社の大切な知的財産を保護するために、今後も継続して断固たる措置を講じていく所存です。

(引用元 任天堂公式サイト)

 

主に訴えるポイントは

  1. 任天堂が製造販売するゲーム「マリオカート」の略称である「マリカー」という標章をその会社名等として使用している件
  2. 公道カートをその顧客にレンタルする際に当社の「マリオ」等の著名なキャラクターのコスチュームを貸与している件
  3. コスチュームが写った画像や映像を当社の許諾を得ることなく宣伝・営業に利用している件

 

 

これを見る限り、どう見てもアウトですよね話笑

 

 

任天堂にとっていい宣伝効果があるならいいのですが、おそらくよくないイメージしかつかないですもんね。

 

 

ただ、特に外国観光客にとってはいいサービスだったのではないでしょうか。

任天堂の本社がある日本であの「マリカー」をリアル体験出来るなんて。

 

 

 

このニーズは一定層ありそうなので、健全なビジネスに出来ないですかね笑

 

 

マリカー社のサービス内容

 

マリカー社はこのように発表しています

「MariCAR」は公道上でゴーカートを運転して観光する、冒険型の健全な観光アクティビティです。任天堂やゲーム「マリオカート」(Mario Kart)とは無関係で全くの別物です。ですから、公道上でレースを行うことはできません。バナナの皮等のゴミを公道に投げ捨てることもできません。ましてや、赤い亀の甲羅などの物品をお互いに投げ合うこともできません。マリカーでの楽しい体験は、日本での忘れることのできない一生物の思い出になるでしょう。」

 

 

任天堂やゲーム「マリオカート」(Mario Kart)とは無関係っていうのは少し無理がありますね、、、

 

 

 

ツイッターの反応

 

 

 

当然だよねという声が多いですね。

 

 

ファンの外国観光客の方もこの現状を知って、適切な判断をしてほしいですね!

 

 

深まる謎

 

公式サイト見たことあります?

https://maricar.jp/jp/

 

 

こちらなんですが、これってどのくらいの売上あるんですかね、

一人1万だとして一日15人くらいだとしたら、15万で付き450万の売上ですかね。

どうなんだろ。

 

 

あと、このサービス先導するスタッフも居るのかな?

 

あと店舗展開結構してるw

ニーズがやっぱりあるんですね。

 

 

なかなか肝が座ったサービスですな。

ABOUT ME
こたろう
こたろう
音楽が大好きです! エンタメ系の考察記事を多く書いています。 楽しんでくれたら嬉しいです!