アニメ評

メイドインアビス-エピソード1 ネタバレ考察!【アニメ第3話】

 

いよいよアビスの深海に出発することになった第3話のあらすじとネタバレ考察です!

第3話は旅の出発の回で非常にワクワクしますね!

 

 

メイドインアビス第3話あらすじ

 

ライザが持っていたという封書に書かれていたのは「アビスの底で待つ」というメッセージだった。ライザから自分宛に送られた手紙だと確信したリコは、アビスの底を目指す旅に出たいと仲間たちに打ち明ける。だが、二度と戻って来れなくなる旅になると忠告するナットと喧嘩になり・・・。そんな中、レグは孤児院にやってきて初めての探窟に出かける事になった。改めてアビスに潜ったレグだったが・・・。(C)2017 つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス製作委員会

(amazonから引用)

 

第3話はアビスの底に出発するための作戦会議をしている場面からスタートです。

 

 

アビスに出発するともう2度と戻ることが出来ないということで、仲間は悲しみます。

 

ここでアビスに関する情報が提示されます

 

 

第1層

アビスの縁

  • 1350mまで
  • 生き物も環境も変わらない。
第2層誘いの森

  • 上昇負荷が急にきつくなる。
  • 赤笛が行けば戻れる確率がほぼ0なので、自殺扱いになり追手が来なくなる。
  • 森はねずみ返しになって逆さ森に入る
  • 気流は不安定。も銃が多い
第3層大断層

  • 4000を超える崖

第4層巨人の盃

  • 行けるのは黒増え以上だけ
  • 7000m
第5層亡骸の海

  • 白笛だけの世界
  • 戻ってきた人は数えるほどしかない
第6層帰らずの都

  • 二度と戻ってこれないことからラストダイブと呼ばれる。

 

 

そしてリコとレグはアビスの奥底へと度に出るのでした。

 

 

メイドインアビス第3話考察

 

ここでは特に新しい情報はアビスの断層に関してだけですね。

ですがレグの「僕が作られた意味や

ここにいる理由がアビスの底にあると思うんだ。」

というセリフからも

 

アビスの底に着く=母親の生死が分かる=アビスの存在に関する謎が溶ける=レグの存在理由がわかる

 

といったことになるでしょう。

 

 

母親が生きている場合と死んでいる場合の2通りが考えられますが、それぞれ考えてみましょう。

 

 

母親が生きている場合

 

母親が生きているパターンとしては、なぜ地上に上がってこないかが気になりますね。

意図的に上がってこないのか上がれない状態なのか。

もし意図的に上がってこないのなら、そこに理由がありそうですね。

「アビスの底で待つ」という表現からは、

母親は生きていて意図的にアビスの底で暮らしている可能性が高いと思われます。

 

 

そして底を離れることが出来ない何か理由でもあるのでしょうか。

 

 

母親が死んでいる場合

 

この場合は、母親の死と共に何かしらのメッセージが残されると思いますが、もしこのアニメが長く続く場合はありえるパターンだと思います。

 

シーズン1では母親との再開が目的で

シーズン2では母親の死に関する謎をアビスの底で解くというパターンもありえますね。

 

 

どこまで話を広げるかによってこれらのパターンは決まってきそうですね。

 

これらの伏線が一度に紐解かれていく後半はとても興味深いですね!!続きが楽しみです。

 

ABOUT ME
よもぎ
気になった本や映画や音楽を紹介していきます。 どうぞよろしくおねがいします。